読了。『無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい (松井忠三著書・角川書店)』読み終わりました。一言で言うと、とても良い本でした。経営をよくしたい経営者「戦略の階層」は意識した方がいいです。

戦略には階層があり、上部にいくほど大事です。例えば、階層とは、ざっくり表すなら、目的→目標→戦略→戦術です。さらに上の階層には、個人の夢やゴールがありますが、それは一旦置いときます。

で、悩み相談いただいた時に、それがどの階層のものなのか?を把握することはとても重要です。お客さんが減ったと相談された場合、戦術階層であれば、メルマガの更新頻度や、チラシのコピーが適切でなかったとか、営業トークがいけなかったとかの類です。

しかし、よくよく聞いてみると、上の階層に問題があるケースがあります。戦略が問題だったり、目標がズレてたりなど。大事なことは、いくら頑張っても上の階層の問題を下の階層が解決できないことです。恋愛でいえば、いくらトークを磨いたところで、長期視点で中身を磨いていかなければ、成果につながらないのに似ています。

そして、読書する際、読む本がどの階層について書かれたものか?を把握することも大事です。本書は、あえて言うなら、戦略と戦術の間にある「仕組み化」や「オペレーション」について書かれた本です。

「目的→目標→戦略→オペレーション→戦術」ですね。

会社経営で提供する成果を安定化させようとしたら、マニュアルなどの仕組み化が重要になってきます。しかし、どうやって仕組み化したらいいか?それについて惜しみなく無印良品の仕組み化のコツが解説されており、大変勉強になります。仕組み化、マニュアル化、オペレーショでお悩みの方、社長不在でも成果を安定化させ、業績を上げたいのあれば一読の価値ありです。