非常に面白かった書籍です。

模倣の経営学(井上達彦・日経ビジネス文庫)』

儲かるビジネスのほとんどが「マネ」から始まってることを多くの人は知らないかもしれません。マネするのはよくないとか、オリジナリティを追求しろなんて幼い頃から聞かされるもんだから、自然とマネから遠ざかってしまうのです。でも、かのドラッカーも「創造的模倣をせよ」と言ってるし、文豪ゲーテも「独学は忌むべき行為」と警鐘を鳴らしています。

じゃあどうやってマネすりゃいいの?って疑問に答えてくれる一冊です。単純にマネするだけじゃNGになります。経営者必読です。