こんにちは。作野裕樹です。

「独立起業したいのですが事務所は自宅と別に借りた方がいいでしょうか?」

起業前の方からよくいただく質問の一つです。

セオリーから言いますと、「自宅が望ましい」です。

なぜでしょうか?

起業時は資金が限られているはずです。

その際、できるだけ「固定費」は抑えた方が得策です。

事務所はそこにいない間は何も価値を生みません。

例えば、夜中や土日の休み時間は無駄になってしまいます。

であれば、まずは、自宅兼事務所からスタートで、「固定費を抑える」方が得策です。

そして、浮いたお金は、できるだけ「新規顧客開拓」の資金に回しましょう。

独立起業時、いえ、すべての事業に当てはまることですが、最も必要となるコストは「新規顧客開拓コスト」です。

最優先すべきはここです。

例えば、ウェブサイトの作成、PPC広告の費用、ディストリビューターやアフィリエイターへの報酬などなど。

事務所家賃に使うぐらいなら、これらにあてたほうが事業が軌道に乗るスピードは早まります。

さらに「起業成功ノウハウ」を学ぶには?

今なら無料メールマガジンに登録すると、会員限定の起業成功ノウハウ(音声)を過去5回分、特別にプレゼントします。この企画はいつ終了かわかりませんので、必要な方はお早めのご登録をオススメします。(※登録後の購読解除は自由です)
【1000名様限定】 平成社長大学・無料プレゼント申し込みはこちら